採集地 :宮城県仙台市 青葉山
ヤマハギハトジタマゴフシ
撮影日 :2005年6月8日

← この虫こぶを作ったのは、
ハギハトジコブタマバエ
という昆虫です。

虫こぶ名:

ヤマハギトジタマゴフシ
 スイス池(高速道路が近い)の土手に孤立して数本生えているイヌツゲの木の下を探してみてください。この写真を撮影した年はそこにたくさんありました。

 虫こぶになってタマゴ型をしているところは、ハギの葉の軟らかさと対照的にとても堅くなっています。よくこんなに堅くなったものですね…。

■…………寄主植物の名前(ヤマハギの木)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱ)

■…………虫こぶの形(閉じてタマゴのような形の)

■…………フシ = こぶ、という意味

click!→
TOPページへ