採集地 :宮城県仙台市 青葉山
オオモミジハヒメイボフシ
撮影日 :2004年6月2日

← この虫こぶを作ったのは、
フシダニの一種
です。

虫こぶ名:

オオモミジヒメイボフシ
 これは葉の裏側に形成されているのでおそらく「オオモミジヒメイボフシ」で大丈夫だと思うのですが、青葉の森管理センターのすぐ手前にあるカエデの木には、表側に膨らんだ、虫こぶらしきものがあります。今年は観察したいと思います。
■…………寄主植物の名前(オオモミジの木)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱ)

■…………虫こぶの形(小さなイボ状)

■…………フシ = こぶ、という意味

TOPページへ