採集地 :宮城県仙台市 青葉山
ナラメリンゴフシ
撮影日 :2005年6月8日

← この虫こぶを作ったのは、
ナラメリンゴタマバチ
Biorhiza nawai
という昆虫です。

虫こぶ名:

ナラリンゴフシ
 直径3cmほどのものもある、大きめの虫こぶです。宮城教育大学から東北大学の馬小屋方面へ歩いていくとその左手側にあり、また「スイス池」にもあります。一箇所にそれほど大量にないので、まだ割ったことがありません。

 綺麗で大きいため、昔からよく知られた虫こぶだということです。

■…………寄主植物の名前(コナラの木)

■…………虫こぶができる場所(メの部分)

■…………虫こぶの形(リンゴのような)

■…………フシ = こぶ、という意味

click!→
ナラハスジトガリタマフシのページへ、どうぞ。
TOPページへ