採集地 :宮城県仙台市 青葉山
マンサクメイガフシ
撮影日 :2005年7月27日

← この虫こぶを作ったのは、
マンサクイガフシワタムシ
Hamamelistes betulinus miyabei
という昆虫です。

虫こぶ名:

マンサクイガフシ
 これはアブラムシが作った虫こぶですので、虫こぶの下部にあいている穴に向かってムネアカオオアリが排泄物(甘露)をもらいにきています。その辺に生えている草の汁を吸うアブラムシに、アリが寄ってくるのと同じ。
■…………寄主植物の名前(マンサクの木)

■…………虫こぶができる場所(メ)

■…………虫こぶの形(イガ状の)

■…………フシ = こぶ、という意味

マンサクハフクロフシのページへ、どうぞ。 TOPページへ