採集地 :宮城県仙台市 青葉山
クワハミャクコブフシ
撮影日 :2004年6月11日

← この虫こぶを作ったのは、
クワハコブタマバエ
という昆虫です。

虫こぶ名:

クワハミャクコブフシ
 これは、青葉の森管理センターからまっすぐ入って、突き当たったら右に曲がりそのまま坂道を登る、その左手側のどこかにあるはずです。

 この虫こぶを一目見たとき、私の予想では形成者はフシダニでした。タマバエも本当にいろんな形状の虫こぶをつくるのですねえ…。

■…………寄主植物の名前(クワの木。写真はヤマグワ。)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱの葉ミャク)

■…………虫こぶの形(裏側にコブ状になっている)

■…………フシ = こぶ、という意味

click!→
TOPページへ