採集地 :宮城県仙台市 青葉山
キハダハフクロフシ?
撮影日 :2004年6月2日

← この虫こぶを作ったのは、
フシダニの一種
です。

虫こぶ名:

キハダフクロフシ
 こんなに細長くて小さいのに、しっかり立っているところが何ともいえず良いなあと思います。

 このような形で非常に小さいものはたいていがフシダニの虫こぶだということが、観察しているうちに分かるようになりました。が、たまにタマバエの虫こぶだったりして驚きます。

■…………寄主植物の名前(キハダ。でも、この写真の植物はわかりません)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱ)

■…………虫こぶの形(フクロ状の)

■…………フシ = こぶ、という意味

click!→
TOPページへ