採集地 :宮城県仙台市 青葉山
ブナハツノフシ
撮影日 :2005年5月16日

← この虫こぶを作ったのは、
タマバエの一種
「日本原色虫えい図鑑」(1996)を参考にすると、まだ明確ではないということです。
です。

虫こぶ名:


ブナツノフシ
 宮城教育大学側の小道から歩いていくと、見つかります。まだここでしか見つけていませんが、イヌブナの木はよく見かけるのでおそらく他にもある、はず…。

 この虫こぶは若い時には黄緑色なので、赤くならないとあまり目立たないかもしれません。

■…………寄主植物の名前(ブナの木:写真はイヌブナ)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱ)

■…………虫こぶの形(角(ツノ)の形)

■…………フシ = こぶ、という意味

ブナハタマフシのページへ、どうぞ。
click!→
ブナハフクレフシのページへ、どうぞ。
TOPページへ