採集地 :宮城県仙台市 青葉山
ブナハタマフシ
撮影日 :2005年7月27日

← この虫こぶを作ったのは、
ブナタマフシタマバエ
という昆虫です。

虫こぶ名:

ブナタマフシ
 (この写真の木は、ブナ科の仲間であるイヌブナです。)この真ん丸な虫こぶは、カミソリを使ってすこしずつ切っていくと、漿質とよばれるとてもみずみずしい組織が見られます。とても美味しそうなので…誰かえい食者はいないのでしょうか。
■…………寄主植物の名前(ブナの木)

■…………虫こぶができる場所(葉っぱ)

■…………虫こぶの形(球状。ボールのような)

■…………フシ = こぶ、という意味

click!→
ブナハツノフシのページへ、どうぞ。
ブナハフクレフシのページへ、どうぞ。 TOPページ