/

環境学習


標本の作り方


用意するもの
イメージ

昆虫針

イメージ

マチ針

イメージ

展翅板

イメージ

展翅テープ

※昆虫針、展翅版にはいろいろなサイズのものがあります。標本にするものに合ったサイズを選びましょう。
※また、展翅テープにもサイズがあります。展翅版に合ったサイズのものを選びましょう。


標本作成の手順

イメージ

①チョウの胸の真ん中に昆虫針をまっすぐ刺す。

イメージ

②展翅版の溝に体が入るようまっすぐ下まで刺して、展翅テープを上からかぶせる。

イメージ

③展翅テープを軽く押さえながらマチ針を太い脈にひっかけて動かし、形を整える。

イメージ

④翅を上下で挟むように展翅テープにマチ針を刺して翅を固定する。
※この時、翅に針を刺さないこと!

イメージ

⑤同じようにして、左右とも形を整える。

イメージ

⑥上が終わって下の翅も同じように整えたら、お腹が下がらないように2本のマチ針でお腹を支える。

ここまでできたら、そのまま2〜3週間くらい乾かします。乾いたら、そっとマチ針と展翅テープをはずして標本の出来上がりです。厚い紙の箱や木の箱に、防虫剤と一緒に入れて保管しましょう。

/