/

チョウの図鑑 タテハチョウ科1

Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

テングチョウ 【Libythea celtis (Laicharting, 1782)】

イメージ

成虫

生 態 樹林周辺や山間の渓流沿いで見られる。吸蜜の他、吸水、吸汁、樹液を吸うこともある。
食 草 エノキ、エゾエノキ、クワノハエノキ
越冬態 成虫
分 布 北海道、本州、四国、九州、南西諸島
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

アサギマダラ 【Parantica sita (Kollar, 1844)】

イメージ

成虫

生 態 長距離移動をする種で、気温の上昇とともに北上、低下とともに南下する。
食 草 ガガイモ科のキジョラン、イケマなど
越冬態 1〜3齢幼虫
分 布 関東地方以西で越冬可能
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

オオウラギンスジヒョウモン 【Argyronome ruslana (Motschulsky, 1866)】

イメージ

成虫

生 態 山地の樹林周辺に生息する。6〜7月に羽化、その後一時夏眠し、9月から再び現れる。
食 草 スミレ属各種
越冬態 卵または1齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

メスグロヒョウモン 【Damora sagana (Doubleday, 1847)】

イメージ

成虫

生 態 雌雄で斑紋が極端に違う。平地〜山地まで幅広く生息する。夏眠をする。
食 草 スミレ属各種
越冬態 1齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

ミドリヒョウモン 【Argynnis paphia (Linnaeus, 1758)】

イメージ

成虫

生 態 平地〜亜高山帯まで普通に見られ、大型ヒョウモン類の中で最も多く見られる種。夏眠をする。
食 草 スミレ属各種
越冬態 1齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

クモガタヒョウモン 【Nephargynnis anadyomene ella (Bremer, 1864)】

イメージ

成虫

生 態 大型のヒョウモン類の中では最も早く現れる種。アザミを好み、吸水もする。夏眠をする。
食 草 スミレ属各種
越冬態 1齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

ウラギンヒョウモン 【Fabriciana adippe (Denis & Schiffermuller, 1775)】

イメージ

成虫

生 態 山間の明るく開けた草原に多い。アザミなどのキク科植物を特に好む。夏眠をする。
食 草 スミレ属各種
越冬態 1齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

イチモンジチョウ 【Ladoga camilla (Linnaeus, 1764)】

イメージ

成虫

生 態 林縁や林道沿いの開けたところや渓流沿いなどで見られる。吸蜜の他、吸水、吸汁もする。
食 草 スイカズラタニウツギなど
越冬態 3齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

コミスジ【Neptis sappho (Pallas, 1771)】

イメージ

成虫

生 態 樹林周辺の明るい環境に多い。滑空するように飛ぶ。吸水や吸汁することも多い。
食 草 マメ科植物
越冬態 3齢幼虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

サカハチチョウ 【Araschnia burejana Bremer, 1861】

イメージ

成虫

生 態 山地性ではあるが、平地でも普通に見られる。吸水や吸汁することも多い。
食 草 イラクサ科のアカソ、コアカソ、イラクサなど
越冬態
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

キタテハ 【Polygonia c-aureum (Linnaeus, 1758)】

イメージ

成虫

生 態 平地〜低山地の草地や荒地で見られ、明るい所に多い。吸蜜の他、樹液や果実で吸汁する。
食 草 カナムグラなどのクワ科、カラハナソウなどのイラクサ科
越冬態 成虫
分 布 北海道(西南部)、 本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly
Butterfly Garden
title タテハチョウ科 title

シータテハ 【Polygonia c-album (Linnaeus, 1758)】

イメージ

成虫

生 態 山地の渓谷沿いの林道などに多い。アザミなどで吸蜜の他、樹液や腐果にも集まる。
食 草 ハルニレなどのニレ科、ホップなどのクワ科、アカソなどのイラクサ科
越冬態 成虫
分 布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イメージ

イメージ
若齢幼虫
イメージ
終齢幼虫
イメージ
The Illustrated Book of Butterfly

バタフライガーデンのチョウ一覧に戻る >>

/