バタフライガーデンでは蝶の生態が季節の美しい花と共に観察できます

バタフライガーデンフォトギャラリー

2009年10月29日

バタフライガーデン初記録のウラナミシジミです。

点々と見える黒い物体はテントウムシです。日当りの良い壁に多数集まっていました。

2009年10月26日

前回より濃い色をした蜂蜜が採れました。

土曜日に採った蜂蜜です。

2009年10月22日

ダイミョウセセリの終齢幼虫です。このまま越冬するものと思われます。

季節外れのスイカズラが咲いています。

2009年10月19日

イネ科を食草とするセセリの仲間は、葉を丸めて巣を作ります。

中にいたコチャバネセセリの幼虫です。

2009年10月15日

飼育していたアゲハ4個体全てアゲハヒメバチに寄生されていました。

アシタバにキアゲハの幼虫がいました。

2009年10月08日

アシタバが台風の被害にあった模様です。

クロアゲハの若齢幼虫がユズの葉の上でじっとしていました

2009年10月05日

黒須先生から頂いたお土産です。

お土産(中央大学チョコレート)の中身

ヒメクロホウジャクがフサフジウツギで吸蜜していました。

クズにコミスジの幼虫がいました。

2009年10月01日

羽化直後に交尾をするため、キタキチョウのオスがメスの蛹に群がっていました。

ハリエンジュにトビイロスズメの幼虫がいました。

/