バタフライガーデンでは蝶の生態が季節の美しい花と共に観察できます

バタフライガーデンフォトギャラリー

2009年11月30日

マンサクの花が少しだけ顔をのぞかせています。

同定できていませんが、フサフジウツギにいたシャクガの仲間の幼虫です。

2009年11月26日

オニグルミの落葉した痕(葉痕)です。
サルの顔のように見えませんか?

いつの間にかクサギが生えていました。

2009年11月19日

ユキヤナギが数輪咲いていました。

ユズにいたアゲハが無事に蛹になっていました。クロアゲハはまだ幼虫です。

2009年11月16日

まだ咲いているエドシボリがありました。

現在のバタフライガーデンの様子です。
すっかり冬らしくなってきました。

2009年11月12日

袋がけしたユズにいる、まだ幼虫のクロアゲハです。

同じユズにいるアゲハは、ようやく蛹になる準備を始めました。

2009年11月09日

タニウツギにツマグロオオヨコバイが多数いました。

シロバナハギが咲いています。この時期、ヤマトシジミなどが吸蜜をしているようです。

2009年11月05日

スジグロシロチョウがセイタカアワダチソウで吸蜜をしていました。

斑紋型のナミテントウがいました。近頃テントウムシを大量に見かけます。

2009年11月02日

寒い中、葉上でじっとしているヤマトシジミがいました。

フサフジウツギの白と紫は花を落とし、黄色だけがまだ咲いています。

/