<A>
阿部 剛, 1997. 宮城県におけるウスバシロチョウの分布拡大. インセクトマップオブ宮城, 6 : 1-10.

<F>
福島正三, 1967. 動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島において行なわれたたたき網、ハエトリリボンおよびすくい取りによる昆虫調査法の検討─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 39-78.

<H>
本田圭一, 1970. 金華山陸上生態系の構造解析(」)宮城県金華山島の蝶相とその特徴について. 陸上生態系における動物群集の調査と自然保護の研究・昭和44年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 243-248.
保谷忠良, 1996. 宮城県昆虫分布資料14:宮城県のドクガ. 個人出版. 79pp.
保谷忠良, 1998. 宮城県昆虫分布資料17:宮城県のタテハチョウ. 個人出版. 139pp.
保谷忠良, 2000a. 宮城県昆虫分布資料18:宮城県のスズメガ. 個人出版. 109pp.
保谷忠良, 2000b. 宮城県昆虫分布資料19:宮城県のヤママユガ(付カイコガ・イボタガ). 個人出版. 43pp.

<I>
五十嵐由里, 1998. 渡辺徳コレクション・東北地方のチョウ 展翅標本データリスト. インセクトマップオブ宮城, 8 : 9-17.
石田正明, 1966. 宮城県金華山の甲虫. 昆虫と自然 , 1 (6) : 25-27.

<K>
亀井文蔵・小野泰正(編著), 1971. 宮城県の蝶 その分布と生活環境. 宮城むしの会. 147pp.
加藤陸奥雄・中根猛彦・千葉喜彦・石井 孝, 1967.  動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島において行ったベイト・トラップ法による調査の結果と考察─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 19-38.

<N>
中根猛彦, 1967. 動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島で採集された昆虫、特に甲虫について(任意採集による成果並びに灯火・トラップ 等による採集品より)─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) :130-131.

<S>
桜谷鎮雄, 1986. 石巻地方の甲虫分布資料(1). 石巻昆虫同好会会報, 12 : 2-8.
桜谷鎮雄, 1987. 石巻地方の甲虫分布資料(2). 石巻昆虫同好会会報, 13 : 2-10.
桜谷鎮雄, 1988. 石巻地方の甲虫分布資料(3). 石巻昆虫同好会会報, 14 : 6-13.
佐藤 敦・粟野宗博・神垣匡伸・中西秀明, 1998. 宮城県のカミキリムシ相について(上)―特に県中・南部の奥羽山脈を中心とした地域について―. 月刊むし, 323 : 4-10.
園部力雄, 1970. 金華山陸上生態系の構造解析(。)宮城県金華山島におけるベイト・トラップ法による糞虫の調査. 陸上生態系における動物群集の調査と自然保護の研究・昭和44年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 212-233.
園部力雄, 1973. 金華山陸上生態系の構造解析(XVI) 宮城県金華山島のアリ相. 陸上生態系における動物群集の調査と自然保護の研究・昭和47年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 178-183.

<T>
高橋雄一, 1988. 宮城県のトンボ. ぶなの木出版. 144pp.
高橋雄一, 1995. 北へ分布を広げようとしている昆虫たち―その1. インセクトマップオブ宮城, 2 : 18-25.

<W>
渡部 徳, 1973. 宮城県の鱗翅類. 日本蛾類学会. 336pp. 10plts.
渡部 徳, 1989. 宮城県の甲虫. 日本鞘翅学会. 344pp. 10plts.

<Y>
山下善平, 1967. 動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島で行われた目撃採集および観察による昆虫調査の一例─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 126-129.
山下善平・石井 孝, 1967. 動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島において行なった袋かけ法およびくん煙法による調査の結果とその考察─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 106-125.
山下善平・中根猛彦・石井 孝, 1967. 動物相記載のための調査法研究─1966年宮城県金華山島において行なったライト・トラップによる昆虫調査の結果とその考察─. 各種陸上生態系における二次生産構造の比較研究・昭和41年度研究報告(加藤陸奥雄編) : 79-105.