氏名:溝田 浩二 (MIZOTA, Koji)  CV         
    
略歴:1972年、長崎県島原市生まれ。 雲仙普賢岳と有明海に囲まれた島原半島で幼少期を過ごす。大三東小学校(1985. 3)、有明中学校(1988.3)、島原高校(1991.3)をそれぞれ卒業。北国への憧れを断ち切れず(1年間の浪人生活を経て)1992年4月北海道大学理III系に入学。 北海道大学 農学部 (1996. 3)、同大学院修士課程(1998. 3)を卒業(修了)、同大学院博士課程を単位取得退学(2001. 3)。宮城教育大学 環境教育実践研究センター 助手(2001. 4〜)、助教(2007. 4〜)を経て現職(2009. 10〜)。


 ☆仙台市/環境影響評価審査委員(2003.2〜)
 ☆環境省/希少野生動植物種保存推進委員(2003.7〜)

 ☆宮城県/希少野生動植物保護対策検討委員(2007.4〜)
 ☆環境省/東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)評価委員(2010.1〜)
 ☆国土交通省/河川水辺の国勢調査アドバイザー(2011.4〜)
 ☆国土交通省/仙台湾南部海岸環境対策検討委員(2012.8〜)

 ☆国土交通省/北上川下流生物環境検討委員(2012.11〜)
 ★宮城学院女子大学非常勤講師(2005.4〜2013.3)

最近の研究・教育活動:

 1. カミキリモドキ科甲虫の分類学的研究
 2. フィールドワークを通した環境教育の実践

 3. 身近な自然や昆虫類の環境教育教材化
 
4. 宮城県の自然史に関する基礎的研究

  
業績一覧 / 担当講義 など