●ばっけ味噌(2004年3月17日)
「フキノトウ味噌」のことを、宮城では「ばっけ味噌」と呼ぶ。酒のつまみにしたり、温かいごはんにのせたりして食べると最高!ほろ苦い味覚が春の到来を感じさせる一品である。
▽材料
フキノトウ…30個程度(約150g)
・だし入り味噌…120g
・砂糖…50g
・調理酒…大さじ3
・みりん…少々
・しょうゆ…小さじ1
・サラダ油…適宜

▽作り方
(1)なるべく穂先の開いていないフキノトウを野外から集めてくる。 (2)フキノトウをよく洗い、外側の苞(葉のように見えるところ)の紫色の部分を外す。 (3)たっぷりのお湯で1分ほどサッと茹でる(鮮やかなグリーンに変わる)。
(4)1、2時間ほど流水にさらす。 (5)ギュッと絞り、完全に水気をきる。 (6)みじん切りにする。台所中にフキの香りが・・・。
(7)サラダ油を敷き、弱火で軽く炒める。 (8)(7)に味噌、砂糖、酒、みりん、しょうゆを入れ、なめらかになるまで弱火で練る。 (9)容器に盛りつけて完成!冷蔵庫で1ヶ月程度は保存できる。

▽感想と反省
・少し砂糖を入れすぎたような気もするけど、苦みの加減もちょうどいい具合だし、全体的には満足のいく出来。行きつけの定食屋のおばちゃんにお裾分けしたら、味付けを褒めてくれたのが嬉しかった。
・ヨークベニマルではフキノトウが10個ほど入ったパックが298円で売られていて驚いた。今の時期はちょっとした場所に行けば、フキノトウくらい簡単に手に入るのにね・・・。
・穂先が開いたフキ(の花)にはケシキスイなどの微少な虫たちが入っていることが少なくない。茹でる前にちゃんと取り出してあげなくては。